新型ボルボ V40 の Rデザイン(パリモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》

9月27日、フランスで開幕したパリモーターショー12。ボルボカーズのブースでは、新型『V40』に早くも2種類の新バリエーションが登場している。

そのひとつが、派生クロスオーバーの『V40クロスカントリー』。もうひとつが、スポーツ仕様の「Rデザイン」だ。

Rデザインは、ボルボ『S60』や『V60』、『XC60』などでおなじみ。内外装から足回りに至るまで、トータルでボルボ各車のスポーツ性能を強化するパッケージ。

新型V40のRデザインは、デイタイムランニングライト付きのフロントバンパー、ハイグロス仕上げのフロントグリル、ディフューザー、ツインエグゾーストなどを専用装備して、ノーマルモデルと差異化。足元は17インチの5本スポークアルミホイールで引き締めた。

インテリアも、Rデザイン流。Rデザインのロゴ入りレザーシート、スポーツステアリングホイール、スポーツペダル、アルミトリムなどを採用。足回りには、オプションでスポーツシャシーを用意。10mmローダウンのサスペンションは、ダンパーやスプリングを専用設定。ボルボカーズは、「モータースポーツから得たノウハウでチューニングした」と説明する。

新型V40は、ボルボカーズのプレミアムコンパクトとして2012年3月、ジュネーブモーターショー12でデビュー。現行『V50』の先代モデル、初代V40のステーションワゴンから一転、アウディ『A3スポーツバック』やBMW『1シリーズ』に対抗する5ドアハッチバックに生まれ変わった。それだけに、Rデザイン設定も当然の流れといえる。

新型ボルボ V40 の Rデザイン(パリモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 新型ボルボ V40 の Rデザイン(パリモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 新型ボルボ V40 の Rデザイン(パリモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 新型ボルボ V40のRデザイン《撮影 宮崎壮人》 新型ボルボ V40のRデザイン《撮影 宮崎壮人》 新型ボルボ V40のRデザイン《撮影 宮崎壮人》 新型ボルボ V40のRデザイン《撮影 宮崎壮人》 ボルボ・V40クロスカントリー(パリモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ボルボ・V40クロスカントリー(パリモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ボルボ・V40クロスカントリー(パリモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ボルボ・V40クロスカントリー(パリモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ボルボ・V40クロスカントリー(パリモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ボルボ・V40クロスカントリー(パリモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ボルボ・V40クロスカントリー(パリモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ボルボ・V40クロスカントリー(パリモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ボルボ・V40クロスカントリー(パリモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ボルボ・V40クロスカントリー(パリモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ボルボ・V40クロスカントリー(パリモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ボルボ・V40クロスカントリー(パリモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ボルボ・V40クロスカントリー(パリモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ボルボ・V40クロスカントリー(パリモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ボルボ・V40クロスカントリー(パリモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ボルボ・V40クロスカントリー(パリモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》