ボルボ「ヒューマンセーフティ」…歩行者を検知し35km/h以下の場合、自動ブレーキにより可能な限り衝突の回避をおこなう

ボルボ・カーズ・ジャパンは、フルオートブレーキ・システム「ヒューマン・セーフティ」装着車の累計販売台数が、1万台を超えたことを発表した。同種のシステム装着車としては、日本最速の1万台達成となる。

ヒューマン・セーフティは、ミリ波レーダーとデジタルカメラを併用し、車両や歩行者との事故を回避・軽減する、歩行者検知機能付自動ブレーキシステム。ミリ波レーダーを使用することで、暗闇や悪天候下、高速度域でも車両を検知する能力が高くなっている。

ボルボは、同システムを2011年3月に『S60』に導入。以来『V60』『XC60』『V70』『XC70』『S80』と車種を拡大。現在、日本におけるヒューマン・セーフティの装着率は、装着可能な6車種では約95%となっており、今年の全ボルボ販売台数に占める割合でも61%がヒューマン・セーフティ装着車となっている。

ボルボ「ヒューマンセーフティ」