日産・ラティオ《撮影 瓜生洋明》

日産自動車は10月5日、新型『ラティオ』を発表、同日より発売を開始した。

同モデルは、日本やアメリカなどの成熟市場と、中国、タイ、インド、ブラジルなどの新興市場など、世界150か国以上で販売するコンパクトセダン・グローバル戦略車として開発。新興市場では日産の成長を牽引する原動力となるなど、これまでにグローバルで約50万台を販売している。

新型車は、5ナンバーセダンとして、水平基調の堂々としたサイドビューや、大きなヘッドランプやグリルを採用したフロントスタイルなど、存在感と上級感を際立たせたデザインとした。

また、エンジンルームの最小化、燃料タンクの最適配置などにより、1クラス上のセダン並の広い室内空間を確保。後席もゆとりのあるニールームと広い視界により、快適性を高めている。

環境面では、全車にHR12DEエンジンとアイドリングストップ、副変速機付きエクストロニックCVTを搭載。さらに、車両トータルで約70kgの軽量化を行い、空力性能に優れたボディ形状を採用することで、22.6km/リットル(JC08モード)という低燃費を実現。全車が75%減税対象となる。

価格は138万8100円から169万8900円。なお生産は、メキシコ、中国、タイ、インドで行われるが、日本向けモデルについてはタイ生産となる。

日産・ラティオ《撮影 瓜生洋明》 日産・ラティオ《撮影 瓜生洋明》 日産・ラティオ 日産・ラティオ 日産・ラティオ 日産・ラティオ 日産・ラティオ 日産・ラティオ 日産・ラティオ 日産・ラティオ 日産・ラティオ 日産・ラティオ 日産・ラティオ 日産・ラティオ 日産・ラティオ 日産・ラティオ 日産・ラティオ 日産・ラティオ 日産・ラティオ 日産・ラティオ