ZMP・1人乗りロボットEV「RoboCar MV2」

ZMPは、トヨタ車体製EV「コムス」をベースとした1人乗りロボットEV「RoboCar MV2」の販売を開始した。

同社はこれまで、トヨタ車体製小型1人乗りEV「コムス」をベース車両にした研究開発用のプラットフォームを販売してきたが、コムスがモデルチェンジしたのに伴い、新たなプラットフォームとして「RoboCar MV2」の販売を開始する。

従来と同じく、ユーザアプリケーションによりモータ制御が可能なモデル「Type A」とともに、今回新たに廉価なモデル「Basic」もラインナップ。Basicは、車速やステアリング切れ角、ブレーキの踏み具合など、走行時の各種データを取得しクラウドに蓄積することが可能。車載デバイスを搭載して評価したり、クルマとITを連携したサービスの実験車両として活用できる。TypeAでは、Basicの機能に加え駆動モータの自動制御機能を搭載し、車間距離制御など予防安全技術の開発に活用できる。

価格は、Basicが207万9000円、Type Aが312万9000円。

ZMP・ステレオビジョンと死角検知センサ