スズキ・ワゴンR FX

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会がまとめた、9月の車名別新車販売台数によると、トヨタ『プリウス』が前年同月比33.5%減ながら、2万2091台でトップとなった。

2位はトヨタ『アクア』で2万2039台、フルモデルチェンジしたスズキ『ワゴンR』は2万0891台でワンランクアップの3位、日産『ノート』は5位にランクインした。

1位:プリウス 2万2091台(33.5%減)
2位:アクア 2万2039台
3位:ワゴンR 2万0891台(42.6%増)
4位:N BOX 1万9914台(15.1%増)
5位:ノート 1万8355台(212.4%増)
6位:ミラ 1万5761台(15.9%増)
7位:タント 1万3558台(7.4%増)
8位:フィット 1万2511台(55.3%減)
9位:ムーヴ 1万1240台(19.2%増)
10位:アルト 9127台(3.7%増)

日産・ノート