レッドブル・レーシングに供与されるNV350キャラバン《撮影 烏山大輔》

今週末に開催されるF1 日本グランプリで、日産はレッドブル・レーシングチームのスタッフ等の輸送のために8台の『NV350キャラバン』を供与する。

これについてレッドブル・レーシングチーム責任者であるクリスチャン・ホーナー氏は日産グローバル本社で10月4日に開催されたカンファレンスにおいて、「過酷で熾烈なF1の世界で戦っていくには、あらゆるレースにおいて我々の多様な運搬ニーズに応えてくれる、信頼できるパートナーが不可欠です。機材・スタッフ・ゲストの円滑な運送が、我々の成功において、極めて重要なファクターなのです。『NV350 キャラバン』が、我々のレースオペレーションを支えてくれることとなり、大変に心強い限りです」と語った。

更に、同車についてプライベートで使用した場合の印象を聞かれたホーナー氏は「荷物やパーツにペットなど何でものせられる点」が気に入っているとコメント。

なお、ホーナー氏は日産車も複数台購入しており、車種を問われると『GT-R』とインフィニティ『FX50』と答えていた。

レッドブル・レーシングチーム責任者クリスチャン・ホーナー氏《撮影 瓜生洋明》 レッドブル・レーシングに供与されるNV350キャラバン《撮影 烏山大輔》 レッドブル・レーシングに供与されるNV350キャラバン《撮影 烏山大輔》