改善箇所

本田技研工業は10月4日、『エリシオン』のパワーステアリングオイル供給ホースに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2004年4月14日〜2008年11月21日に製作された3万0044台。

油圧式パワーステアリングの供給側ゴム製配管の耐熱性が不足しているため、排気管の触媒コンバータの熱で劣化して柔軟性が低下し、配管に亀裂が生じてパワーステアリングオイルが漏れ、排気管に付着して火災に至るおそれがある。

全車両、パワーステアリングの供給側ゴム製配管を対策品と交換する。

不具合発生件数は22件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。