トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》

トヨタ『オーリス』がフルモデルチェンジした。そのインテリアは先代と比較すると、コンベンショナルなものとなった。

その理由は「お客様のリサーチ結果です」とは、同社製品企画本部ZE主査の末沢泰謙さんの弁。質感や使い勝手などの評価がいまひとつだったのだ。

末沢さんは先代のコンソール部分を指し、「フライングバットレスといって、意匠のダイナミクスさを狙ったデザインですが、ここに置きたいものが置けない。例えばカップホルダーや、小物の収納みたいなところが、実はこの意匠がためにできないんです」という。また、シフト位置も高い場所となった。「2ペダル系は良いのですが、MTの操作では、使い勝手が不評でした」

そこで、「昔からあるオーソドックスな意匠に戻しました。カップホルダーもちゃんと付きますし、小物入れもご用意させていただいています」と述べる。「(フライングバットレスが)良かったとのユーザーもいらっしゃいましたが、やはり(左右エアコン吹き出し口下のカップホルダーは)足が引っかかったり、500ミリペットボトルですと座りが悪い等々の意見も聞かせていただいた結果、現在のタイプにしたのです」と話す。

もうひとつ、先代のインテリアはその素材感にも難点があった。「手に振れるところが硬いのです。そこがちょっとプラスチッキー、質感が無いという評価でした。そこで、今回はずっとやわらかめにしましたし、ハイグレードには革を使ったり、ステッチも入れました」

その結果、末沢さんは「長く使っていただけるデザインになったと思います」と語った。

トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 初代トヨタ・オーリスセンターコンソール周りをヨーロッパの建築様式を取り入れ”フライングバットレス”と呼ぶ。