ミハエル・シューマッハ(2012年ヨーロッパGP)(参考画像)

ミハエル・シューマッハは10月4日、今週末にF1日本GPが開催される鈴鹿で今季限りでF1を再び引退すると発表した。ルイス・ハミルトンのメルセデスAMG発表後、ミハエル・シューマッハの来季については様々な憶測がなされていた矢先だった。

シューマッハは、2006年末にフェラーリで最初の引退をしたときと同じように、「エネルギーと熱意が弱まり始めた」と語った後に、「僕たち(メルセデスAMG)には3年契約があったし、モチベーションとエネルギーを維持するのが難しかった。エネルギーが続くかどうかにかかわらず、しばらくの間、疑念を抱いていた。僕は2006年(フェラーリ引退時)にバッテリーが空だと言った。今はレッドゾーンにいる。時間が僕を再充電してくれるかどうかはわからない」

「今は、自分のやっていることを100%集中するつもりだ」

ミハエル・シューマッハ(2012年ヨーロッパGP)(参考画像) ミハエル・シューマッハ(2012年ヨーロッパGP)(参考画像) ミハエル・シューマッハ(2012年ヨーロッパGP)(参考画像) ミハエル・シューマッハ(2012年ヨーロッパGP)(参考画像) ミハエル・シューマッハ(2012年ヨーロッパGP)(参考画像)