スマート フォーツー エレクトリックドライブ(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》

スマートの『フォーツー』のEV、『フォーツー エレクトリックドライブ』。同車の米国価格が公表され、米国で最も価格の安いEVになることが判明した。

これは10月3日、スマートUSAが明らかにしたもの。フォーツー エレクトリックドライブの米国ベース価格が、2万5000ドル(約196万円)とアナウンスされたのだ。

米国では、EVの購入者には、最大で7500ドル(約59万円)のタックスクレジット(優遇税制)が適用される。タックスクレジット適用後のフォーツー エレクトリックドライブの価格は、1万7500ドル(約137万円)まで下がる。

この価格は、三菱『i-MiEV』のタックスクレジット適用後の現地ベース価格、2万1625ドル(約170万円)を下回るもの。スマートUSAは、「フォーツー エレクトリックドライブが米国で最も安い量産EVになる」と胸を張る。

フォーツー エレクトリックドライブは、スマート フォーツーをベースに開発されたEV。最大出力75psを発生するモーターと、蓄電容量17.6kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、最高速125km/h、1回の充電で最大145kmを走行できる性能を備えている。

スマート フォーツー エレクトリックドライブ(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 スマート フォーツー エレクトリックドライブ(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 スマート フォーツー エレクトリックドライブ(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 スマート フォーツー エレクトリックドライブ(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 スマート フォーツー エレクトリックドライブ(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》