トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》

トヨタ『オーリス』がフルモデルチェンジした。そのデザインテーマは“スマートダイナミズム”である。

同社デザイン本部デザイン開発部の金丸克司さんによると、「初代のオーリスは、パッケージとしての使い勝手や、室内のルーミネスというところはすごく良かったと思います」と評価する一方、「デザイン面では少し丸っぽく、見た目もCセグメントのハッチバックとしての格好よさは若干欠けていたかなと思うのです」と述べる。

そこで、「今回はとにかくスポーティに創りました。しかも世界的に共通して通用するスポーティさ、ダイナミックさを“賢く”いろいろな要素を組み合わせて開発したいということで、“スマートダイナミズム”という言葉にしました」という。

金丸さんは、「ダイナミックとスポーティさを融合させることがテーマになっています。立体だけではなく線などでも、勢いのあるダイナミズムというところを狙って開発してきました」と語った。

トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》