VWポロ

日本自動車輸入組合が発表した2012年度上半期(4月〜9月)の輸入車ブランド別販売台数によると、フォルクスワーゲンが前年同期比1.4%減の2万5258台ながら、シェア16.9%でトップとなった。

2位以下のBMW、メルセデスベンツ、アウディはいずれも順調にシェアを伸ばした。前年同期にトップだった日産は、『マーチ』の販売減により4位に後退した。

1位:フォルクスワーゲン 2万5258台(1.4%減)
2位:BMW 2万0046台(16.9%増)
3位:メルセデスベンツ 1万9777台(15.7%増)
4位:日産 1万8639台(31.9%減)
5位:アウディ 1万1940台(8.7%増)
6位:トヨタ 8815台(32.6%増)
7位:MINI 7778台(1.6%減)
8位:ボルボ 6950台(17.9%増)
9位:三菱 5882台
10位:フィアット 2913台(12.1%減)

メルセデスベンツCクラス