トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》

フルモデルチェンジしたトヨタ『オーリス』をデザインするにあたり、良かったポイントが3つあったという。

そう話すのは、同社製品企画本部ZE主査の末沢泰謙さん。「まず、商品企画がダイナミックなデザインにして欲しいという想いと、デザイナーの想いが共通化できたことです。購買層(の年代が)が高くなったとしても、ダイナミックなデザインをして欲しい。そこで、スマートダイナミズムという名前を付け完全に共有できたところです」と話す。

そして、「良いデザインがスケッチの段階で描けたということが2つめです」。しかし、「様々な要件を入れていくと工場では作れない。あるいは、歩行者保護などの安全を考えると、フードもっと高くなるなど、壁がありました」と話す。

しかし、「社長が替わって、やはりクルマはデザインだ。格好いいクルマだと号令がかかりましたので、製造や設計が知恵を出してくれたのです。まさにこの形を守ることが一番の仕事でこれが3つめの良かったことです」と語った。

トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》