トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》

フルモデルチェンジしたトヨタ『オーリス』は、デザインと質感、そして、走行性能に関しても重視して開発された。

同社製品企画本部ZE主査の末沢泰謙さんによると、この3つはリンクしているという。「デザインは見た感じで走りそう。しかし、実際はたいして走らないとしょうがないです。その走りもガツンガツンと来るような走りではなく、スムーズな上質な走りでしょう。これはインテリアの質感にもつながって、全部リンクすると考えています」

従って、「デザイナーにもダイナミックな、走るようなデザインをと言って、それがなんとか具現化できました。そこで、走り(の設計部隊)にも良いデザインできたので、走ってみてがっかりしては駄目だと、皆で一体感を持ちながら開発しました」と述べる。

更に末沢さんは、このバランスが大事だという。「ひとつだけ飛び出ては駄目で、3つ一緒にレベルを上げていかないといけないので、特にこれだけに注力しようということは総合的には考えませんでした」と語った。

トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》 トヨタ・オーリス《撮影 内田俊一》