トヨタのTMG EV P002。ドイツ・ニュルブルクリンクで7分22秒329のEV最速ラップタイムを記録

トヨタ自動車の欧州モータースポーツ部門、TMGが開発したEVプロトタイプレーシングカー、『TMG EV P002』。同車がドイツ・ニュルブルクリンクにおいて、EVの最速ラップタイムを記録したことが分かった。

これは10月2日、欧州トヨタが明らかにしたもの。TMG EV P002が、ニュルブルクリンクでタイムアタックを実施。その結果、7分22秒329をマーク。ニュルブルクリンクにおけるEVのコースレコードを更新したのだ。

TMG EV P002の前身モデル、TMG EV P001が2011年8月、ニュルブルクリンクでタイムアタックを実施。7分47秒794で周回し、プジョー『EX1』の9分1秒338を1分以上も上回る、EVのニュルブルクリンク新コースレコードを記録していた。今回は、これを約25秒も短縮する新記録。

TMG EV P002は、英国ラディカル社製のシャシー&ボディをベースに、TMGとEVOエレクトリック社が共同開発したEVパワートレインを搭載。モーターは2個搭載し、最大出力476ps、最大トルク91.8kgmを引き出す。

二次電池は、蓄電容量42kWhのリチウムセラミックバッテリー。軽量ボディとの組み合わせにより、TMG EV P002は最高速255km/hに到達する。

TMG EV P002は2012年8月、米国で開催されたパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに参戦。10分15秒380のタイムでEVクラスを制している。今回、ニュルブルクリンクで、再びTMG EV P002の優れた性能が証明されたことになる。

トヨタのTMG EV P002。ドイツ・ニュルブルクリンクで7分22秒329のEV最速ラップタイムを記録 トヨタのTMG EV P002。ドイツ・ニュルブルクリンクで7分22秒329のEV最速ラップタイムを記録 トヨタのTMG EV P002。ドイツ・ニュルブルクリンクで7分22秒329のEV最速ラップタイムを記録 トヨタのTMG EV P002。ドイツ・ニュルブルクリンクで7分22秒329のEV最速ラップタイムを記録 トヨタのTMG EV P002。ドイツ・ニュルブルクリンクで7分22秒329のEV最速ラップタイムを記録