日産・アルティマ(ニューヨークモーターショー12)(参考画像)

日産自動車の米国法人、北米日産は10月1日、ブラジルで10月24日に開幕するサンパウロモーターショー12において、新しいコンセプトカーを初公開すると発表した。

現時点では車名を含めて、このコンセプトカーの詳細は未公表。米国カリフォルニア州サンディエゴの日産デザインアメリカが設計を主導し、日産自動車としては初めて、ブラジル市場向けに専用開発したコンセプトカーになるという。

日産自動車のデザイン部門を統括する中村 史郎 常務執行役員は、「サンパウロで新しいコンセプトカーを披露できることに興奮している。このコンセプトカーが、我々のブラジル計画において、大きなマイルストーンになるだろう」とコメントした。

日産は2014年までに、ブラジルでの市場シェアを5%へ引き上げる計画。その目標達成に向けて、2016年までに新型8モデルの投入を予定している。コンセプトカーは、このうちの1台を示唆したものになりそうだ。

日産・ヴァーサセダン(参考画像) 日産・ローグ(参考画像) 日産自動車のデザイン部門を統括する中村 史郎 常務執行役員(参考画像)