東洋紡・ブレスレザー

東洋紡は、「触感計測技術」を構築し、心地よいと感じる触感の数値化に成功。同技術を活用した、べたつかない触感の自動車シート用合成皮革「ブレスレザー」を開発した。

東洋紡は、1970年代後半からさまざまな皮膚感覚を数値化する「感覚計測技術」を構築。同技術を自動車用途にも活用するため、自動車シート用の合成皮革に求められる触感について調査を実施。その結果、自動車シートの革系表皮材には「べたつかず、柔らかく、サラサラした触感」、あるいは、「べたつかず、柔らかく、しっとりした触感」が好まれることが分かった。

今回開発したブレスレザーは、吸放湿性に優れた特殊有機ポリマー粉末を配合した特殊表皮層を形成。さらに表面凹凸を適切に制御することで「べたつかずサラサラした触感」「べたつかずしっとりした触感」を生み出した。また重量も一般的な自動車シート用の合成皮革(PVC)の1/2、天然皮革の1/3という軽量化を実現したほか、自動車シートに要求される耐久性や物理特性もクリアしている。

同社では、ブレスレザーを自動車用途に展開するほか、自動車以外の用途への拡大も図り、売上高10億円を目指す。

触感MAP 素材別構造比較図