PC200-10

コマツは、オフロード法2011年基準に適合した中型油圧ショベル「PC200/PC200LC-10」、「PC210/PC210LC-10」の4機種と中型ブルドーザー「D61EX/PX-23」の2機種を10月1日から発売した。

これら新型全機種ともにNOx(窒素酸化物)とPM(粒子状物質)の排出量を大幅に低減し、日本の特定特殊自動車排出ガス2011年基準、北米のEPA・ティア4Interim、欧州のEUステージ3Bの排出ガス規制をクリアした新世代エンジンを搭載する。

中型油圧ショベルは、機体のメインユニットを最適に制御するトータルビークルコントロール(機体総合制御)を進化させ、生産性と燃費性能の両方で高いレベルを達成した。

中型ブルドーザーはこれまで6トンから13トンクラスで実績のある電子制御HSTを採用、車体性能を稼働状況に合わせて最適に制御することで、生産性と燃費性能の両方で高いレベルを達成した。

新型全機種で燃料消費量は従来機に比べ10%低減した。

中型油圧ショベルは、落下防止用ハンドレールの採用で、点検・整備中の事故を防止するとともに、IDキーも採用して機械の盗難リスク軽減を図った。機械モニタには、鮮明で見やすい高精彩7インチLCDモニタを採用し、エコガイダンスなどの表示により省エネ運転をサポートする。

中型ブルドーザは、今回新たにスーパースラントノーズデザインを採用し、前方視界を確保するとともに、車両後方確認のためにカラ―リヤビューモニタを標準搭載した。

新型機種は、新車購入時に自動的に付帯される国内初のパワーラインの保証延長と無償メンテナンスを取り入れた新たなサービスプログラム「コマツ・ケア」を提供する。

価格はPC-200-10が2075万円。年間販売目標は4機種合計で2000台。

D61EX-23が2320万円で、年間販売目標は2機種合計で20台。

D61PX-23