自動車盗の認知・検挙状況の推移

警察庁は、2012年上半期(1〜6月)の犯罪情勢をまとめ、その結果を発表した。

自動車盗の発生件数は、前年同期比13.6%減の1万0825件、検挙件数が同4.1%減の4164件、検挙人員が同8.4%減の863人だった。被害時にエンジンキーがメインスイッチに差し込まれていたか、運転席またはその周辺に放置されていた状態で盗まれているものの割合は全体の26.0%で、前年同期に比べ0.5ポイント上昇している。

車上ねらいの発生件数は、同7.7%減の5万1862件、検挙件数が同2.3%増の1万1969件、検挙人員が同8.1%減の959人だった。被害時の状況は施錠なしで被害に遭っているものの割合は全体の38.6%で、前年同期に比べ0.6ポイント低下している。検挙した事件をみると、被疑者の年齢別では40歳代の増加率が最も高くなっている。

部品ねらいの発生件数は、同9.4%減の2万6065件、検挙件数が同9.2%減の3637件、検挙人員が同15.1%減の500人だった。被疑者の年齢別では65歳以上が増加、40歳代が横ばいである以外は、全ての年代において減少している。

オートバイ盗の発生件数は、同14.3%減の2万8554件、検挙件数が同3.5%減の3526件、検挙人員が同8.3%減の2304人だった。被害時にエンジンキーがメインスイッチに差し込まれていたか、運転席またはその周辺に放置されていた状態で盗まれているものの割合は全体の22.9%で、前年同期に比べ0.2ポイント低下している。

車上狙いの認知・検挙状況の推移 部品狙いの認知・検挙状況の推移 オートバイ盗の認知・検挙状況の推移