WA500-7

コマツは、オフロード法2011年基準に適合した大型ホイールローダー「WA500-7」を10月1日から発売した。

新機種は、NOx(窒素酸化物)排出量を従来機に比べ50%低減し、日本の特定特殊自動車排出ガス2011年基準、北米のEPAティア4 Interim、欧州のEUステージ3Bの排出ガス規制をクリアした新世代エンジンを搭載する。

また、大容量トルクコンバータ、ワイドレンジロックアップクラッチ、オートキックダウンとともに、新しいエンジン制御システム「コマツスマートローダロジック」を採用することで、生産性と燃費性能の両方で高いレベルを達成した。燃料消費量は従来機に比べ7%低減した。

更に、車両後方確認用のリヤビューカメラ・モニタと、前面下部のガラスエリアを拡大した新型大型ピラーレスROPSキャブを新たに搭載することで、良好な視界を確保し、安全性の向上を図った。運転席には高精彩7インチLCDモニタを新たに採用し、安全、正確でスムーズな作業を実現するとともに、エコガイダンスなどの表示により省エネ運転のサポートも行う。

新車購入時に自動的に付帯される国内初となるパワーラインの保証延長と無償メンテナンスを取り入れた新たなサービスプログラム「コマツ・ケア」を提供する。

価格は5700万円で年間50台の販売を計画する。