日産 NSC-2015(CEATEC 12)《撮影 山本一雄》

日産自動車は『リーフ』をベースにした『NSC-2015』を公開した。同車は、車両全周カメラによる周辺環境認識技術と、4Gモバイル通信による車両遠隔モニタリングシステムを採用した次世代ITと自動運転機能を搭載したテストカー。

ドライバーのスマートフォンからの指示により、NSC-2015は自動で走行し駐車まで行う。更に、指示されれば駐車位置から再びドライバーの元へ自動運転で戻る。駐車時は、搭載したカメラによる「セキュリティカメラシステム」が起動し、不審者などの動きを感知すると、ドライバーのスマートフォンに自動通報を行ってくれる。

自動運転デモンストレーションは、幕張メッセのホール内に特設コースで行われていた。ステアリングの上下にはLEDが埋め込まれ、走行中は青く発光、また警戒・警報発動中は赤く光り、車両のステータスがひと目でわかるようになっていた。

日産 NSC-2015(CEATEC 12)《撮影 山本一雄》 CEATEC会場の巨大特設コース《撮影 山本一雄》 CEATEC会場の巨大特設コース《撮影 山本一雄》 CEATEC会場の巨大特設コース《撮影 山本一雄》 日産 NSC-2015(CEATEC 12)《撮影 山本一雄》 日産 NSC-2015(CEATEC 12)《撮影 山本一雄》 日産 NSC-2015(CEATEC 12)《撮影 山本一雄》 日産 NSC-2015(CEATEC 12)《撮影 山本一雄》 日産 NSC-2015(CEATEC 12)《撮影 山本一雄》 日産 NSC-2015(CEATEC 12)《撮影 山本一雄》 日産 NSC-2015(CEATEC 12)《撮影 山本一雄》