クラリオン、太陽光充電機能搭載ポータブルフルデジタルスピーカー「ZP1」《撮影 山本一雄》

クラリオンは10月2日、フルデジタルスピーカーシステム「01DRIVE」シリーズのラインアップとして、世界初の太陽光充電機能搭載ポータブルフルデジタルスピーカー「ZP1」を、CEATEC会場で発表した。発売は12月上旬、価格はオープン。

新製品は、デジタル音源をD/Aコンバーターやアンプを介しアナログ変換する従来のスピーカーとは異なり、デジタル音源からスピーカーユニットまでを完全デジタル伝送。限りなく原音に近い高音質なサウンドを再生する。

Bluetoothに対応し、スマートフォンやPC、携帯オーディオなどBluetooth搭載機器のサウンドをワイヤレスでリビング、寝室、ベランダ、公園など好きな場所で楽しむことができる。スタイリッシュなコンパクト&スリムデザインながら3スピーカー構成、低消費電力による約30時間の長時間連続再生可能(内蔵バッテリー駆動時)、ソーラーパネル搭載による太陽光充電機能など充実の機能を搭載する。

クラリオンが発売するフルデジタルスピーカーシステム「01DRIVE」シリーズは、車載モデルと合わせ2ラインとなる。

クラリオン取締役社長 泉龍彦氏 クラリオン、太陽光充電機能搭載ポータブルフルデジタルスピーカー「ZP1」《撮影 山本一雄》 クラリオン、太陽光充電機能搭載ポータブルフルデジタルスピーカー「ZP1」 クラリオン、太陽光充電機能搭載ポータブルフルデジタルスピーカー「ZP1」 クラリオン、太陽光充電機能搭載ポータブルフルデジタルスピーカー「ZP1」《撮影 山本一雄》 カンファレンスでの紹介