ソーラーフロンティア(イメージ)

ソーラーフロンティアは、CIS薄膜太陽電池モジュールを使った世界最大級の太陽光発電プロジェクトにおいて、80メガワットピーク(MWp)のCIS薄膜太陽電池モジュールの供給を完了したと発表した。

今回の供給は、EDFリニューアブル・エナジー社が米カリフォルニア州で開発・建設・運営する143.2MWpの太陽光発電所(カタリーナ・ソーラープロジェクト)の一部に充てられるもの。第1段階である約50MWp分の設備は2012年末までに、残りの設備は2013年6月までに稼働を開始する予定。同発電所で生産される電力は約3万5000世帯分の年間使用量に相当し、毎年およそ7万4000トンの温室効果ガスの排出が削減される。

ソーラーフロンティア・アメリカズの最高執行責任者(COO)チャールズ・ピメンテルによると、同社の世界における累計設置量は、原発一基分に相当する1ギガワットにまもなく達する見込みだという。

昭和シェルの子会社、ソーラーフロンティアのCIS太陽電池モジュール(参考画像)