ヤマハ・F.A.S.T.26EX

ヤマハ発動機は、フラットキール(平底)と同社独自の「W.T.B.(ウェーブ・スラスター・ブレード)」を組み合わせた船型により、優れた乗り心地と高い風流れ抑止性能を発揮するフィッシングボート「F.A.S.T.(ファースト)26」シリーズの3モデルに改良を加え、10月5日より発売を開始する。

今回の改良では、スターン(後部)デッキ両舷のブルワーク(デッキから舷までの高さ)を高めに設定したほか、サイドデッキまでカバーするロングタイプの大型バウレールを装備。キャスティングなど立ち姿勢での釣りや波浪中での前後デッキ間の移動時などに安定感、安心感を提供する。さらに、燃料タンク容量の拡大(船外機仕様のみ)、クリートや収納スペースの増設などによりフィッシングボートとしての完成度をいっそう高めている。

搭載エンジンは、いずれも高い環境性能と優れた走行性能を発揮する2種類の4ストローク船外機(26、26EX;115馬力/150馬力)とコモンレール式マリンディーゼル(S/D;170馬力)を用意し、選択の幅を広げている。

価格は514万3110円から796万4565円。

側面図、デッキレイアウト図