0度まで完全に前傾させてしまった後はスピードが一気に上がる。《撮影 石田真一》

垂直離着陸が可能なアメリカ軍の輸送機、『MV-22 オスプレイ』の普天間基地配備が1日から始まった。オスプレイは離着陸時にエンジンを上向きにし、順航時は前向きにするが、このモード変換については「可能なかぎり市街地上空で行わない」という。

一時配備された山口県の岩国基地では9月21日からオスプレイの試験飛行が開始されたが、26日以降は普天間基地で離着陸する際に行う、通称「普天間モード」の訓練を繰り返し行っていた。

普天間モードはエンジンの角度を90度の状態で垂直離陸、もしくは80-75度の状態で滑走離陸した後、滑走路上空を飛行中に速度をつけ、滑走路末端まで到達する間にモード変換を完全に終えてエンジンを前向き状態にする。着陸の場合は海上で減速し、エンジン角度を90-75度の状態にして滑走路に到達させる。

オスプレイのエンジン騒音については、既存のヘリコプターとは比べ物にならないほど静かという印象だ。ヘリコプターの騒音は主に尾部のテイルローターから発生するスラップ音(バタバタという音)だが、オスプレイにはテイルローターが存在しない。岩国では自衛隊のヘリコプターも離着陸訓練を行っていたが、こちらの方が騒音としては大きかった。

岩国基地で離着陸訓練を行う『MV-22 オスプレイ』《撮影 石田真一》 モード変換に要する時間は約12秒で、この間はコンピューターが姿勢を制御する。《撮影 石田真一》 非常にスムーズに転換している…という印象。機体のブレも地上からは感じられず、スムーズに上昇していく。《撮影 石田真一》 岩国基地での訓練では、滑走路の末端近くから滑走開始していたため、モード変換終了は海上に出てからとなった。《撮影 石田真一》 このままバンクをつけて旋回していく。《撮影 石田真一》 変換モードをやや横から撮影。これが離陸時の75度。《撮影 石田真一》 徐々に前傾させていく。約12秒間とのことだが、意外に素早く行われる印象。《撮影 石田真一》 変換開始のタイミングはパイロットのスイッチ操作に委ねられる。《撮影 石田真一》 着陸進入時はエンジン角度を90度した状態。《撮影 石田真一》