新型 ヒュンダイ i30 3ドア(パリモーターショー12)

フランスで9月27日、パリモーターショー12が開幕。韓国ヒュンダイモーターのブースでは、新型『i30』の3ドアハッチバックがデビューを飾った。

i30は、ヒュンダイの欧州主力コンパクトカー。新型は2011年9月、フランクフルトモーターショー11で発表された。フォルクスワーゲン『ゴルフ』やルノー『メガーヌ』などのライバルがひしめく欧州の最量販市場、Cセグメントに投入されたのが新型i30だ。

当初、5ドアハッチバックだけだった新型には、2012年3月、ジュネーブモーターショー12で『i30ワゴン』を追加。そしてパリモーターショー12で、3ドアハッチバックが初公開され、i30シリーズのラインナップが完結した。

3ドアのi30は、Aピラーから後方を専用設計。もともと、ヒュンダイのデザイン言語、「fluidic sculpture」を導入する新型i30だが、3ドアは5ドアに対して軽快で若々しい雰囲気を醸し出す。グリルやバンパーなどの細かい意匠も、3ドア専用とした。

搭載エンジンは、i30シリーズ共通で、4種類のエンジンを設定。とくに、欧州で人気のディーゼルは1.6リットル直列4気筒ターボで、最大出力が128ps、CO2排出量が97g/km。ヒュンダイは「パワーに対する環境性能の高さは、セグメント随一」と自信を見せる。

i30の3ドアは、ヒュンダイのチェコ工場で生産され、欧州主要国で発売。新型フォルクスワーゲン ゴルフにも3ドアが用意されることから、欧州では直接競合することになる。

新型 ヒュンダイ i30 3ドア(パリモーターショー12) 新型 ヒュンダイ i30 3ドア(パリモーターショー12) 新型 ヒュンダイ i30 3ドア(パリモーターショー12) 新型 ヒュンダイ i30の3ドア 新型 ヒュンダイ i30の3ドア 新型 ヒュンダイ i30の3ドア《撮影 土屋篤司》 新型 ヒュンダイ i30の3ドア《撮影 土屋篤司》 新型 ヒュンダイ i30の3ドア《撮影 土屋篤司》 新型 ヒュンダイ i30の3ドア《撮影 土屋篤司》 新型 ヒュンダイ i30の3ドア《撮影 土屋篤司》 新型 ヒュンダイ i30の3ドア《撮影 土屋篤司》 新型 ヒュンダイ i30の3ドア《撮影 土屋篤司》 新型 ヒュンダイ i30の3ドア《撮影 土屋篤司》 新型 ヒュンダイ i30の3ドア《撮影 土屋篤司》 新型 ヒュンダイ i30の3ドア《撮影 土屋篤司》 新型 ヒュンダイ i30の3ドア《撮影 土屋篤司》 新型 ヒュンダイ i30の3ドア《撮影 土屋篤司》