韓国サンヨン e-XIV(パリモーターショー12)

韓国のサンヨン(双竜)自動車は9月27日、フランスで開幕したパリモーターショー12において、コンセプトカーの『e-XIV』を初公開した。

同車は、EVコンセプトカー。ボディサイズは、全長4160×全幅1790×全高1575mm、ホイールベース2600mm。欧州Bセグメントに属するクロスオーバー車の提案だ。

e-XIV は、発電専用の小排気量ガソリンエンジンを搭載した、いわゆる「レンジエクステンダーEV」。基本はモーター(最大出力109ps)だけで走行するEVで、最大80kmをゼロエミッション走行する。

二次電池は、蓄電容量16kWhのリチウムイオンバッテリー。残量が少なくなると、発電専用の1.0リットル2気筒ガソリンエンジンが始動。ジェネレーターを回してモーターに電力を供給するとともに、バッテリーを充電する。これにより、最大航続可能距離は600kmまで伸びる仕組みだ。

EVモードの効果もあって、CO2排出量は45g/kmと非常に優秀。ルーフにはソーラーパネルを備え、バッテリーの充電をサポート。エアコンやオーディオ用の電力としても活用される。

もともと1954年、商用メーカーとして創業後、1986年に双竜グループに買収。その後、韓国の大宇、中国の上海汽車と目まぐるしく親会社が変わった後、2009年1月に経営破綻。2010年、インドのマヒンドラ&マヒンドラ社の傘下に入り、再出発したのがサンヨン自動車だ。

韓国サンヨン e-XIV(パリモーターショー12) 韓国サンヨン e-XIV(パリモーターショー12) 韓国サンヨン e-XIV(パリモーターショー12) 韓国サンヨン e-XIV 韓国サンヨン e-XIV 韓国サンヨン e-XIV 韓国サンヨン e-XIV 韓国サンヨン e-XIV