スバル XV 2.0i-L EyeSight、ボディカラー:タンジェリンオレンジ・パール《撮影 太宰吉崇》

スバル『インプレッサXV』は、新たな概念“ス・ポ・カ・ジ”というワードを創ってデザインされた。

“スポーツ&カジュアル”ではなく“ス・ポ・カ・ジ”としたのは、固定概念を超えて、新たな発想を求めたことにある。スバル商品企画本部デザイン部チーフデザイナーの小林正彦さんは、「自由な発想をしてデザインしました」と述べる。

また、スバル商品企画本部デザイン部の中村真一さんは、機能とファッション性を両立させたコンセプトから、「悪路走破性だけに開発したモデルではありません。それも出来るんだけどさというモデルです」

小林さんは、「(機能とファッション性を両立した、例えばダウンジャケットやスポーツウェアなどを来ている人は)見られることを意識していると思うのです。そこで、見られて、いいでしょ、お洒落でしょと感じてもらえるくらいの注目度を持つクルマにしようとデザインしました」と話し、中村さんも、「評価は分かれると思っています。そこをまぜこぜにして、平均点のものを創ったら、埋没すると思いました。せっかく標準の5ドアがあるのですから、いっそ突き抜けたいなというのが正直ありました」

先行受注の結果は、「非常に好評でしかもオレンジの引きが強いのです。今までクルマの色としては買えないというユーザーでも、実は、形と色がしっかりマッチして、こういうコンセプトだと提供できれば、自分は合っていると買ってくれるのかなと思いました。従って、インプレッサXVはコンセプトがキモで、スタイリングはイキですので、セットでしっかり売っていきたいと思っています」(中村さん)と語った。

スバル?XV「2.0i-L EyeSight」、ボディカラー:デザートカーキ《撮影 太宰吉崇》 スバル XV 2.0i-L EyeSight《撮影 太宰吉崇》 スバル XV 2.0i-L EyeSight《撮影 太宰吉崇》 スバル XV 2.0i-L EyeSight《撮影 太宰吉崇》 スバル XV 2.0i-L EyeSight《撮影 太宰吉崇》