新型ホンダ CR-V 欧州仕様(パリモーターショー12)

9月27日、フランスでパリモーターショー12が開幕。ホンダのブースでは、新型『CR-V』が欧州デビューを果たした。

欧州仕様のCR-Vは、基本的に日本や北米向けと変わらない。大きな違いは、エンジンだ。日米仕様には用意されないディーゼルエンジンが、欧州仕様には設定される。

このディーゼルエンジンは、2.2リットル直列4気筒ターボの「i-DTEC」と呼ばれるユニット。最大出力は150ps、最大トルクは35.7kgmと、先代と同数値だ。しかし、排出ガス性能を改善する対策が施された。

その結果、欧州市場で重視されるCO2排出量は、最も低いマニュアルトランスミッション仕様で149g/km。ホンダによると、CO2排出量は先代比で12%削減しているという。

新型CR-Vの欧州仕様は、英国スウィンドン工場で生産。欧州では、10月から順次発売される予定だ。

新型ホンダ CR-V 欧州仕様(パリモーターショー12) 新型ホンダ CR-V 欧州仕様(パリモーターショー12) 新型ホンダ CR-V の欧州仕様 新型ホンダ CR-V の欧州仕様 新型ホンダ CR-V の欧州仕様