スバル?XV「2.0i-L EyeSight」、ボディカラー:デザートカーキ《撮影 太宰吉崇》

富士重工業(スバル)から発売された、『インプレッサXV』のデザインキーワードは“ス・ポ・カ・ジ”であるという。

スバル商品企画本部デザイン部の中村真一さんによると、「通常“スポカジ”というと“スポーツ&カジュアル”の短縮形と思いますが、そうではないのです。“ス・ポ・カ・ジ”です。もちろん、スポーツ感、カジュアル感は重要なキーワードだと思っていますが、“スポーツ&カジュアル”という言葉で説明してしまうと、皆の中で決まったものしか(発想が)なくなってしまうのです」という。

「つまり、ゴールを勝手に決めるなよということです」と笑う。「“ス・ポ・カ・ジ”という言葉により、(アイディアの)のびしろがどこまでいけるかなというチャンスだと思いました、また、のびしろを期待して、我々はゴールが定まるようなキーワードは取り入れませんでした。それが今回こういうデザインが生まれてきたひとつのポイントだと思います」

では、この概念をどのように共有したのか。スバル商品企画本部デザイン部チーフデザイナーの小林正彦さんは、「まず、これは“ス・ポ・カ・ジ”感があるかということを考えて、絵を描いていったのです」と話す。中村さんも、「目標のスケッチをデザイナーが描いて、こういうことなのかなと盛んにやり取りをした時期がありました。そこで、ちょっと違うかなとか、いやこういうことなのじゃないかと議論をして、この“ス・ポ・カ・ジ”というゾーンを定めていったのです」。

中村さんは、「基本になる5ドアモデルがあり、それとはほぼ並行して動いていました。その際、どうせ創るなら、ただのアウトドア車ではこれまででもやっており、そうは見せたくなかったのです。また、すぐに限界が来てしまうでしょうし、その危機感もありました。そこで、新しい価値が絶対に必要だと思ったのです。スケッチもこんなの量産ではできないよということはあまり考えさせないようにして、目標を創っていきました」と語った。

スバル XV 2.0i-L EyeSight、ボディカラー:タンジェリンオレンジ・パール《撮影 太宰吉崇》 スバル?XV「2.0i-L EyeSight」、ボディカラー:デザートカーキ《撮影 太宰吉崇》 スバル XV 2.0i-L EyeSight、ボディカラー:タンジェリンオレンジ・パール《撮影 太宰吉崇》 スバル XV 2.0i-L EyeSight《撮影 太宰吉崇》 スバル XV 2.0i-L EyeSight《撮影 太宰吉崇》