スバル・インプレッサXV《撮影 内田俊一》

富士重工業(スバル)から発売された『インプレッサXV』のデザインのポイントは、スバルらしい機能と、おしゃれ感や遊び心の両立だという。

そう話すのは、スバル商品企画本部デザイン部の中村真一さん。「これまでスバルは、どちらかというと質実剛健で、男臭いような方向で認知されていたと思います。しかし。機能をしっかりと有したうえで、もっと街で映えるようなファッション性や、女性に受け入れられるような要素を付加するというのが(今回の)一番のポイントです」。そして、「あくまでポイントなのはその時に天秤にかけるのではいことです。機能を損なわせて、遊び心、ファッション性を上げたのではなく、機能は引き続きキープしているのです」という。

スバル商品企画本部デザイン部チーフデザイナーの小林正彦さんは、この発想の原点として、「冬山でマイナス何十度という極寒で耐えられるような、本当の機能を持っているダウンジャケットや靴などを、街でファッションとして若い人が着ています。そういうことが街で起こっていることを、我々のチームで発見した。そこがスタートです」と述べ、つまり、「機能が本物だからこそ、それをファッションとして使っていることが面白いのです」とする。他にも小林さんは、カメラも例に挙げ、「機能一点張りで真っ黒だったモノから、色々なカラーのモノが出て来ています。そういうことをどうしてクルマでやれないのか。やってしまおうということなのです」

中村さんは、「イメージしやすいのは、皇居のまわりを走っているランナーで、皆ファッショナブルです。別に走るためのウェアであればもっと普通でいいのですが、見られることを意識している。そこで、クルマでも見られることを意識して、かつ、機能もしっかり有する。すると使っている人たちは、もっと、楽しくなる。そうしたエッセンスをこのクルマでも、提供していきたいという想いなのです」と語った。

スバル?XV「2.0i-L EyeSight」、ボディカラー:デザートカーキ《撮影 太宰吉崇》 スバル・インプレッサXV《撮影 内田千鶴子》 スバル XV 2.0i-L EyeSight《撮影 太宰吉崇》 スバル XV 2.0i-L EyeSight《撮影 太宰吉崇》 スバル・インプレッサXV《撮影 内田千鶴子》