吉本大樹/星野一樹組の「triple a vantage GT3」(参考画像)

9月30日、大分県・オートポリスで行われたSUPER GT 第7戦の決勝レース、GT300クラスは「triple a vantage GT3」吉本大樹/星野一樹組が2位と13秒550差、62周を2時間11分03秒136で走り優勝した。

2位は、予選5位スタートの「ENDLESS TAISAN 911」峰尾恭輔/横溝直輝組、3位は、予選9位の「HANKOOK PORSCHE」影山正美/藤井誠暢組、と続いた。

ハイブリッドマシンの2台、「apr HASEPRO PRIUS GT」新田守男/嵯峨宏紀組は8位、「MUGEN CR-Z GT」武藤英紀/中嶋大祐組は10位に終わっている。

第7戦を終え、GT300のドライバーランキングは、影山/藤井組が71ポイントでトップ、吉本/星野組が67ポイントで2位、峰尾/横溝組が62ポイントで3位となっている。

峰尾恭輔/横溝直輝組の「ENDLESS TAISAN 911」(参考画像) 影山正美/藤井誠暢組の「HANKOOK PORSCHE」(参考画像)