ミハエル・シューマッハ(メルセデスAMG)(参考画像)

2013年のシートをルイス・ハミルトンに譲り渡すことが決まり、ミハエル・シューマッハは、メルセデスAMGに対して「無条件の支持」に謝意を表明した。

一旦F1からは引退していたシューマッハは、3年の休養期間を経て2010年にメルセデスAMGからカムバックした。そしてハミルトンのメルセデスAMG入りが決まった今、シューマッハは今後の進路について明らかにはしないまま、メルセデスAMGの一層の勝利を希望するとのコメントを語った。

「このチームで僕は3年間素晴らしいシーズンを経験したが、スポーツの結果という観点からすると期待通りの結果を出すことはできなかった。今後のルイスとチームの一層の活躍を祈るばかりだ。これまで僕に託してくれた信頼と、すべてのメンバーが捧げてくれた無条件の支援とに感謝している。今は次のレースに集中させて欲しい」

ルイス・ハミルトン獲得を認めるにあたり、チーム代表のロス・ブラウンはシューマッハの姿勢を賞賛した。

「メルセデスAMGペトロナスを代表して、私は何よりもまず過去3年間のチームの成長に与えたミハエル・シューマッハの貢献に感謝したい。彼のエネルギーと関わりは、期待通りのリザルトが得られない時であっても決して衰えはしなかった。2012年シーズンを彼と共にこれまで通り意気軒昂に締めくくりたい。ミハエルと共に働けたことを喜びに思う」

仮に、ミハエル・シューマッハの2013年のシートが確定しないとなると、10月7日の鈴鹿は日本で見られる最後の勇姿になるかもしれない。

ミハエル・シューマッハ(メルセデスAMG)(参考画像)