マクラーレンのルイス・ハミルトン(2012年シンガポールGP)(参考画像)

メルセデスAMGは、ルイス・ハミルトンとの2013年から3年間の契約を結んだことを確認した。

来季のメルセデスAMGは、ニコ・ロズベルグが残留し、ハミルトンとペアを組む。その一方で、7度のワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハはチームを去ることになる。

2007年のF1デビュー以来、継続してマクラーレンでドライブしてきたハミルトンは希望を熱く語る。

「新たなチャレンジに向かうべき時が来た。メルセデスAMGでキャリアの次章をスタートすることに感動を覚える。メルセデス-ベンツはモータースポーツ界に不朽の伝統を誇り、彼らの勝利への情熱は僕のそれとまったく同じものだ」

「僕とチームは、今後この新しいチャレンジを続けつつ共に成長し上昇するだろう。シルバーアロウが頂点に向かって進む取り組みと、ワールドチャンピオンシップ獲得という目標達成に僕も貢献できるという自負がある」

ハミルトンは長年にわたってそのキャリアをメルセデスとマクラーレンに支えられて来た。F3ユーロシリーズではメルセデス-ベンツ・エンジンで参戦し、F1キャリアはここまでのすべてをマクラーレンと共に刻んで来た。

ロス・ブラウン(メルセデスAMG)はハミルトンの加入を歓迎している。

「ルイス・ハミルトンの到来を歓迎する。ルイスほどの力量を持つドライバーがチームに来てくれたこと自体が、F1におけるメルセデス-ベンツの価値の証明であり、シルバーアロウの勝利というわれわれの信念と夢に彼が共感してくれたことを誇りに思っている。ルイスとニコの組み合わせは、来季のグリッドで最もダイナミックでエキサイティングなペアになるだろう。彼らの戦いぶりを今から楽しみにしている」

ちなみにロズベルグとハミルトンは、2000年当時、チームメート同士だった。

マクラーレンのルイス・ハミルトン(2012年イタリアGP)(参考画像) マクラーレンのルイス・ハミルトン(2012年シンガポールGP)(参考画像)