住友商事(webサイト)

住友商事は、子会社のサミットエナジーがエンタープライズ秋田と共同で、秋田県男鹿市に男鹿風力発電を設立し、28.8MWの風力発電所を新設すると発表した。

サミットエナジーグループでは、東北地方における新たな風力発電所の開発にむけ取り組みを進めてきたが、今回、地元男鹿市を拠点とする加藤建設グループのエンタープライズ秋田との協業にて、今年7月の再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)施行を受けて実現にいたった。

新会社の資本金は4億円。出資比率はサミットエナジー95%、エンタープライズ秋田5%。今年10月に着工し、2014年末の完工を予定している。

住友商事は、1990年代後半からの電力自由化の流れを受け、サミットエナジーグループを通じ、電力小売事業や再生可能エネルギー電源の開発にも力をいれてきた。現在は、茨城県鹿嶋市および山形県酒田市所在の2か所の風力発電所や、新潟県糸魚川市所在の日本最大級のバイオマス発電所(50MW)のほか、2か所の火力発電所も運営している。

サミットエナジーグループ(webサイト)