オリンパスは9月28日、ソニーと資本提携することで合意したと発表した。

多額の損失隠しが発覚し経営が悪化しているオリンパスは、ソニーを割当先とする第三者割当増資を実施する。ソニーは議決権ベースでオリンパスに11.46%出資する筆頭株主となる。株式取得価格は約500億円。ソニーは役員1人を派遣する予定。

オリンパスは、財務体質の強化と、得意分野である医療や映像などの事業分野の幅を拡げるため、事業シナジーが課題だった。今回、イメージセンサーや画像関連技術に強いソニーと提携するメリットは大きいと判断、出資を受けて財務基盤を強化するとともに、単独では困難だった医療機器を開発する。

ソニーは、同社が持つデジタルイメージング、3Dなどの最先端のエレクトロニクス技術を、オリンパスのメディカル事業でのノウハウと組み合わせることで、今後の成長が期待される外科向け内視鏡や関連機器事業で、革新的で競争力のある製品や新しい事業機会の創出を目指す。

両社は、コンパクトデジタルカメラ領域でも、オリンパス、ソニーそれぞれの競争力を強化するため、基幹部品の取引やその他の協業について協議・検討し、企業価値の向上を目指す。

両社は今後、医療事業分野の合弁会社を設立する。カメラ事業では、オリンパスのカメラ用レンズ、鏡枠をソニー向けに供給やソニーのイメージセンサー製品のオリンパス向け供給など、主にコンパクトデジタルカメラの領域での協業を検討する。