ランボルギーニ アヴェンタドールの2013年モデル

ランボルギーニは9月27日、フランスで開幕したパリモーターショー12において、『アヴェンタドールLP700-4』の2013年モデルを発表した。

デビューから1年を経て登場した2013年モデルは、早くも進化を遂げた。その内容は、スーパーカーといえども避けては通れない環境への対応だ。

2013年モデルのハイライトが、気筒休止システム、「CDS」の採用。6.5リットルV型12気筒ガソリンエンジンは、高速道路におけるクルージング時など135km/h以下で走行中、半分の6気筒を停止する。これにより、燃費は最大で7%、CO2排出量は最大で20%改善する。

この気筒休止システムには、アイドリングストップと同様の最新のエンジン停止&再始動技術を導入。気筒休止時にドライバーがアクセルを踏み込めば、わずか180ミリセコンドで残りの6気筒が再始動する。その際、バッテリーに代わる大容量のキャパシタを使うことで、3kgの軽量化も実現した。

なお、この気筒休止システム、ダッシュボードのスイッチ操作で、作動をオフにすることもできる。

ランボルギーニ アヴェンタドールの2013年モデル。気筒休止システムのカットスイッチ