ヒュンダイ ix35 Fuel Cell(パリモーターショー12)

韓国ヒュンダイモーターは9月27日、フランスで開幕したパリモーターショー12において、燃料電池車を2012年末までに、欧州市場でリース販売すると発表した。燃料電池車を量産し、市場に投入する最初のグローバル自動車メーカーになるという。

同社の燃料電池車は、『ix35 Fuel Cell』と命名。SUVの『ix35』(北米名:『ツーソン』)をベースに開発された。ix35はヒュンダイのCセグメント主力コンパクトカー、『i30』に次いで、欧州で売れているヒュンダイ車だ。

ix35 Fuel Cellは、出力100kWの燃料電池スタックを搭載。二次電池は蓄電容量24kWhのリチウムポリマーバッテリー。2つの水素タンクには、700バールの圧力で水素を貯蔵する。

最大航続距離は588km。0-100km/h加速は12.5秒、最高速は160km/hの性能を備える。ヒュンダイによると、加速性能はガソリンエンジン車と同等だという。

ヒュンダイは年内に欧州において、ix35 Fuel Cellの官公庁や企業向けリース販売をスタート。2015年までに、一般ユーザーへの販売を開始する計画だ。2015年までに全世界向けに1万台の生産目標を掲げ、欧州では1000台の販売を目指している。

ヒュンダイ ix35 Fuel Cell(パリモーターショー12) ヒュンダイ ix35 Fuel Cell ヒュンダイ ix35 Fuel Cell