WEC第6戦バーレーン6時間レースに向けた公式練習

トヨタ・レーシングは、今週末行われるFIA世界耐久選手権(WEC)第6戦バーレーン6時間レースに向けて、公式練習初日に2番手タイムを記録して順調なスタートを切った。

2週間前のブラジル戦で優勝した『TS030 HYBRID』は、再びアレックス・ブルツとニコラス・ラピエールのドライブで週末のWEC第6戦に挑む。

公式練習第1回目でTS030 HYBRIDが記録したベストラップは1分47秒727。1日を通して2番手のタイムを記録。夜の公式練習2回目セッションでは、ロングランのセットアップに専念した。

公式練習第1回目は、土曜日に行われる決勝レースのスタートと同じ午後4時に開始され、トヨタ・レーシングはアレックス・ブルツが最初にステアリングを握った。気温は35度に達しており、TS030 HYBRIDにとってもドライバーにとっても厳しいコンディションとなった。

最初の1時間はアレックス・ブルツが終始リードし、日が沈んだ残り30分でニコラス・ラピエールに交代。ニコラス・ラピエールはレースに向けての準備を進め、TS030 HYBRIDはトップタイムでこのセッションを終えた。

WECのレギュレーションでは、全てのドライバーが夜間の公式練習で最低5周の走行をこなさなくてはならない。このため午後8時30分から開始された公式練習2回目では、ニコラス・ラピエールが最初に走行し、セッションの残り時間が20分になったところでアレックス・ブルツに交代。両ドライバーは問題なくレギュレーションをクリアした。

公式練習3回目は、28日の午前10時50分から1時間にわたって行われ、公式予選はTS030 HYBRIDが属するLMP1クラスとLMP2クラスが午後4時30分から20分間で実施される。29日の決勝レースは、午後12時25分から20分間のウォームアップ走行を経て、午後4時にスタートが切られる。

トヨタTS030ハイブリッド