駐車支援システム「Park Assist」

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、『シャラン』に、フォルクスワーゲンとしては初めてとなる駐車支援システム「Park Assist」と、ドライバー疲労検知システム「Fatigue Detection System」を全車に標準装備し、10月1日から販売を開始する。

Park Assistは、縦列駐車・車庫入れの後退駐車時に、駐車可能スペースの検出とステアリング操作を自動で行い、駐車をサポートするシステム。縦列駐車からの発進の際も、同様に車両がステアリング操作を自動で行い、スムーズな発進をサポートする。

Fatigue Detection Systemは、ドライバーの疲労を自動的に検知して休息を促す安全装備。走行開始から15分間、システムはドライバーの運転特性を学習し、継続してドライバーのハンドル操作を監視し続ける。時速65km上で作動するこのシステムは、特に高速域で効力を発揮。規定値から外れたハンドル操作を検知すると、マルチファンクションインジケーター上に休息を取るよう警告を表示したり、警告音を発するなどしてドライバーに注意喚起する。

価格は従来から3万円の上昇に抑え、コンフォートラインが382万円、ハイラインが437万円。

駐車支援システム「Park Assist」 VW シャラン