BMW コンセプト アクティブ ツアラー(パリモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》

9月27日、フランスで開幕したパリモーターショー12。BMWブースの主役は、『コンセプト アクティブ ツアラー』が務めた。

コンセプト アクティブ ツアラーは、コンパクトボディに広い室内を備えているのが特徴。BMWが近い将来、小型MPV市場への参入を示唆したコンセプトカーだ。

BMWのプレスカンファレンスには、同社のイアン・ロバートソン取締役が登場。「コンセプト アクティブ ツアラーは、BMWが新たな顧客層にアピールする車」と述べた。

セダン、ワゴン、SUV、スポーツカー、コンパクトカーをラインナップするBMW。しかし、小型MPVは初参入のカテゴリーだ。高い運動性能に定評のあるBMW各車だが、イアン・ロバートソン取締役は「このカテゴリーの顧客は快適性と機能性を求める」と言い切った。

小型ボディで広い室内を実現するため、BMWは駆動方式に新たな試みを導入。BMWといえば、これまでFR駆動を基本としてきた。しかし、コンセプト アクティブ ツアラーについて、BMWは「エンジンは後輪を駆動せず、前輪を駆動する」と説明。BMWブランドとして初めて、FF方式を採用すると宣言している。

ただし、コンセプト アクティブ ツアラーのパワートレインはPHV(プラグインハイブリッド)で、フロントにレイアウトした新開発の1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジンが、前輪を駆動。リアアクスルに置かれるモーターが後輪を駆動する4WDだ。しかし、PHVではない通常の市販モデルでは、駆動方式はFFを基本にすると見られる。

『1シリーズGT』(仮称)のネーミングで、2013年にも市販される可能性があるコンセプト アクティブ ツアラー。BMWにとっては、新たな挑戦になるのは間違いない。

BMW コンセプト アクティブ ツアラー(パリモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 BMW コンセプト アクティブ ツアラー(パリモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 BMW コンセプト アクティブ ツアラー(パリモーターショー12) BMW コンセプト アクティブ ツアラー(パリモーターショー12) BMW コンセプト アクティブ ツアラー(パリモーターショー12) BMW コンセプト アクティブ ツアラー(パリモーターショー12) BMW コンセプト アクティブ ツアラー(パリモーターショー12) BMW コンセプト アクティブ ツアラー(パリモーターショー12)