新型マツダ 6 ワゴン(日本名:アテンザ ワゴン)《撮影 宮崎壮人》

マツダは9月26日、フランスで開幕したパリモーターショー12において、新型『マツダ6ワゴン』(日本名:『アテンザワゴン』)をワールドプレミアした。

マツダは2012年8月、ロシアで開催されたモスクワモーターショー12において、新型『マツダ6セダン』(日本名:『アテンザ』)を初公開。これに続いて、パリモーターショー12では、新型のワゴンがデビューを飾った。

ワゴンもセダン同様、マツダの新デザインテーマ、「魂動」を導入して力強いフォルムを構築。また、マツダの新世代環境技術、「SKYACTIV」を『CX-5』に続いて全面的に採用する。

また今回、マツダはワゴンの詳細なデータを公表。単にセダンをワゴン化しただけではない、ワゴン専用設計のこだわりが見えてきた。

まずは、ホイールベース。ワゴンのホイールベースは2750mm。セダンの2830mmよりも、80mmも短いのだ。また、ワゴンの全長は4800mm。セダンの4865mmよりも、65mm短くなった。マツダは明らかにしていないが、これは全長を伸ばして取り回し性能を悪化させることなく、荷室の容量を稼ぐアイデアと推測できる。

実際、ワゴンの荷室容量は522リットル(VDA計測法)。セダンのトランクの489リットルより多いのはもちろんだが、ワゴンの場合、後席を倒せば1664リットルへ拡大する。マツダは、「クラストップレベルの容量」と自信を見せる。

一方、1840mmの全幅は両車で共通。全高はワゴンが1480mmと、セダンの1450mmよりも30mm高いが、これはルーフレールに起因するものだろう。

新型には、軽量トノカバーと荷室のレバー操作で倒れる6対4分割可倒式リアシートを採用。スマートで使いやすいワゴンを目指している。

新型マツダ 6 ワゴン(日本名:アテンザ ワゴン)《撮影 宮崎壮人》 新型マツダ 6 ワゴン(日本名:アテンザ ワゴン)《撮影 宮崎壮人》 新型マツダ 6 ワゴン(日本名:アテンザ ワゴン)《撮影 宮崎壮人》 新型マツダ 6 ワゴン(日本名:アテンザ ワゴン)《撮影 宮崎壮人》 新型マツダ 6 ワゴン(日本名:アテンザ ワゴン)《撮影 宮崎壮人》 新型マツダ 6 ワゴン(日本名:アテンザ ワゴン) 新型マツダ 6 ワゴン(日本名:アテンザ ワゴン) 新型マツダ 6 ワゴン(日本名:アテンザ ワゴン) 新型マツダ 6 ワゴン(日本名:アテンザ ワゴン) 新型マツダ 6 ワゴン(日本名:アテンザ ワゴン) 新型マツダ 6 ワゴン(日本名:アテンザ ワゴン) 新型マツダ 6 ワゴン(日本名:アテンザ ワゴン) 新型マツダ 6 ワゴン(日本名:アテンザ ワゴン) 新型マツダ 6 ワゴン(日本名:アテンザ ワゴン) 新型マツダ 6 ワゴン(日本名:アテンザ ワゴン) マツダブース(パリモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》