三菱・ミニキャブMiEVトラック

三菱自動車は、10月2日から6日まで、幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2012」の特別企画展で、2013年初めに発売予定の軽トラック電気自動車(EV)、新型『ミニキャブMiEVトラック』を初公開する。

新型車は、三菱自動車が軽乗用EV『i-MiEV』、軽商用EV『ミニキャブMiEV』に続く、電気自動車MiEVシリーズの第3弾として、軽トラック『ミニキャブ トラック』をベースに開発。MiEVシリーズで培った同社のEV技術とノウハウを活用し、EVならではの高い環境性能と、軽トラックとして要求される積載性、経済性の両立を実現している。

展示ブースでは、電源供給装置「MiEVパワーボックス」とミニキャブMiEVトラックを接続し、農作業でのEVの新しい活用方法を提案するほか、i-MiEVの電力でステージ照明を点灯させる。

また、パリモーターショーに出品予定の『アウトランダーPHEV』を参考出品するほか、今年4月より岡崎工場で稼動しているスマートグリッド実証実験装置「M-tech Labo」の技術を展開したコンセプトハウス「MiEVハウス」も展示する。

三菱・アウトランダーPHEV