ルネサス、車載用40nmフラッシュメモリ内蔵マイコン RH850 を製品化

ルネサス エレクトロニクスは、40nmプロセスを採用した車載向けフラッシュメモリ内蔵マイコン「RH850ファミリ」を製品化した。

同社は、第一弾製品として、ボディ集中制御をはじめ、エアコン制御、ドア、ワイパー、シート制御等を行うボディ分野向けに「RH850/F1xシリーズ」3グループを製品化し、50を超える製品を提供する。

RH850/F1xシリーズは、低消費電力かつ高性能という特徴を活かしHEV・ EV車をはじめ次世代車に要求される様々な車載ボディ分野向けシステムに対応するため、3グループ「RH850/F1L」「RH850/F1M」「RH850/F1H」で構成。48ピンの小型製品、従来比4倍の大容量フラッシュメモリを内蔵した製品、およびデュアルコア製品を新規追加するなど、豊富なラインアップで次世代システムに最適な製品を提供する。

40nmプロセスと同社独自のMONOS構造フラッシュメモリにより、RH850/F1Lグループでは、80MHz動作時に40mAと消費電力を従来比で約30%低減。従来からの高信頼性を継承しつつ低消費電流を実現している。さらに車載ネットワーク機能も強化。CAN/LIN、FlexRay、Ethernetを標準搭載し、1製品あたりの搭載数を増加したほか、データ暗号化機能を追加。システムの高機能化を実現している。

RH850/F1Lグループのサンプル出荷は、2013年度第1四半期より順次開始。量産は2014年度から順次開始し、2015年度にはグループ合計で月産300万個を計画している。

ルネサスエレクトロニクスのウェブサイト