634(むさし)型の外観東武鉄道資料より

東武鉄道は9月27日、「東武沿線からスカイツリーへ」「スカイツリーから日光・鬼怒川へ」をコンセプトに、6050系車両を展望車にリニューアルし、秋の行楽シーズンにあわせて10月27日より「スカイツリートレイン」(展望列車)としてデビューさせると発表した。

車両形式は、634(むさし)型、2両編成2本の合計4両。

「スカイツリートレイン」は、東京スカイツリーをはじめ日光・鬼怒川等、沿線の様々な観光スポットや素晴らしい風景を堪能できるよう、座席を高床とし、屋根から回り込む天窓のような展望窓を設けるほか、フリースペースとして前面展望が可能な「前面展望スペース」や「サロン」を設置。

外観は、白地に明るいカラーリングを施し、青空をイメージしたデザインと朝焼けをイメージしたデザインの2種類が、旅の楽しさやワクワク感を演出。

運用は、土休日は観光列車として、平日にはイベント列車として運行する予定。10月27日のデビュー直後は、おもに団体専用列車として運転。

12月1日以降、土休日に臨時特急列車として沿線の両毛地区や大宮から東京スカイツリータウンへ向かう列車を設定。東京スカイツリータウン観光と鬼怒川温泉宿泊の両方を楽しめる時間に運転することで、「スカイツリーから日光・鬼怒川へ」のコンセプトを実現させるという。

634(むさし)型の車内平面図東武鉄道資料より 634(むさし)型のインテリア東武鉄道資料より 634(むさし)型のインテリア東武鉄道資料より 634(むさし)型のベースとなった6050系電車《撮影 大野雅人》 634(むさし)型のベースとなった6050系電車《撮影 大野雅人》 634(むさし)型のベースとなった6050系電車《撮影 大野雅人》 634(むさし)型のベースとなった6050系電車《撮影 大野雅人》