新型 オーリス ハイブリッド

9月27日、フランスで開幕するパリモーターショー12。その直前の9月26日、トヨタの欧州部門のトップが、欧州市場での販売増に意欲を示した。

これは9月26日、トヨタモーターヨーロッパのディディエ・ルロワ社長が明らかにしたもの。同社長は「2015年までに、欧州で年間100万台の販売を目指す」と述べたのだ。

トヨタは2011年、欧州で約82万台を販売。しかし、2012年は欧州市場の信用不安が影響。1‐8月実績は、前年同期比0.3%マイナスの36万8082台にとどまっている。

100万台の大台に乗せるための戦略が、新型車の積極的な投入。パリモーターショー12では、欧州主力車の新型『オーリス』をはじめ、小型MPVの『バーソ』の大幅改良モデルを初公開。この新型オーリスや『ヴィッツ』(現地名:『ヤリス』)には、日本仕様にはないハイブリッドも設定し、環境イメージをアピールしていく。

トヨタ バーソの大幅改良モデル