VWグループ前夜祭のようす。VWグループのマルティン・ヴィンターコルン会長と、新型ゴルフ・ブルーモーション《撮影 宮崎壮人》

パリモーターショー12の開幕を控えた9月26日(現地時間)、パリ市内の会場にてVWグループの前夜祭が行なわれた。グループ傘下の各ブランドが新型車、並びにコンセプトを紹介した。

高級車から大衆車まで、多くのブランドを持つVWグループが全体を通じて印象づけたのは、新型の7代目『ゴルフ』によって強調した環境技術への積極的なアプローチと、欧州危機を背景にした人材育成強化の方針だ。

VWグループのマルティン・ヴィンターコルン会長は、「VWグループにとって欧州は『心臓』である」とし、「若年層の教育は企業の義務である」とした。

車両の紹介ではポルシェから『パナメーラ スポーツツーリスモ』。アウディから『A3 スポーツバック』。セアトは『レオン』。シュコダは『Rapid』、ランボルギーニは次期型の『ガヤルド』、ブガッティは『ヴィテッセ』、ベントレーから『コンチネンタルGT3』を披露した。

さらに今回は、アウディ傘下となったイタリアの二輪メーカー、ドゥカティも前夜祭に登場。新型車2台を紹介した。

最後にヴィンターコルン会長は、VWゴルフ ブルーモーションを「これまでのゴルフの中で一番燃費が良い」という枕詞で紹介。明日の会場には、「これまでのゴルフの中で一番速い」車両が登場すると予告した。

また、ヴィンターコルン会長は、VWグループが1月から8月の間、世界で約800万台を販売しており、HV、EV、PHVといった環境対応のパワートレーンを各種車両にラインアップしていく計画を明言した。さらに「2018年までに最高の自動車メーカーとして顧客満足を追求していく」とした。

VWグループ前夜祭のようす《撮影 宮崎壮人》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 宮崎壮人》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 宮崎壮人》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 土屋篤司》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 土屋篤司》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 土屋篤司》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 土屋篤司》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 土屋篤司》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 土屋篤司》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 土屋篤司》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 土屋篤司》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 土屋篤司》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 土屋篤司》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 土屋篤司》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 土屋篤司》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 土屋篤司》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 土屋篤司》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 土屋篤司》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 土屋篤司》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 宮崎壮人》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 宮崎壮人》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 宮崎壮人》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 宮崎壮人》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 宮崎壮人》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 宮崎壮人》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 宮崎壮人》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 宮崎壮人》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 宮崎壮人》 VWグループ前夜祭のようす《撮影 宮崎壮人》