トヨタ・米アラバマ工場(資料画像)

トヨタ自動車は9月25日、米国アラバマ州のエンジン工場、TMMA(トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・アラバマ)において拡張工事の起工式を実施した。2014年3月からV6ガソリンエンジンを増産する。

同工場では現在、直列4気筒エンジンをはじめ、V6、V8エンジンを生産し、トヨタの北米向け12車種に搭載。この中で、V6ガソリンエンジンには需要増が見込まれることから、増産に乗り出す。

アラバマ工場の拡張に、トヨタは8000万ドル(約62億円)を投資。拡張工事が完了すれば、年間21万6000基のエンジン増産が可能となり、年間生産能力は36万2000基に。これに合わせて、125名の新規雇用も創出する。

同工場は2003年4月、V8ガソリンエンジンの生産をスタート。2005年5月には、V6ガソリンエンジンの組み立ても開始された。2011年9月には、直列4気筒ガソリンエンジンを追加。2012年3月には、累計生産ユニット数が200万基に到達していた。

TMMAのジム・ボルト社長は、「我々はより多くのエンジンを現地生産するというトヨタの理念において、重要な役割を果たす」と語っている。

トヨタのV6ガソリンエンジン