H-II Bロケット3号機コア機体の公開

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、H-IIBロケット3号機の打上げ成功を踏まえ、「H-IIA 能力向上型(H-IIBロケット)開発及び打上げサービス事業の実施に係る基本協定」に基づき、今後の同ロケット打上げを三菱重工業(MHI)による打上げ輸送サービスにて実施していくことを、両者で合意した。

今回の合意を受けて、今後H-IIBロケットを用いて打上げを行う場合、JAXAはMHIから打上げ輸送サービスを調達することとなる。ただし、安全確認業務、地上安全確保業務、飛行安全確認業務等の安全確保に係る業務並びに飛行データの取得に係る業務についてはH-IIAロケットと同様にJAXA自ら実施する。

JAXAでは、 H-IIAロケットに続き、H-IIBロケットにおいても、民間の効率的かつ迅速な経営手法を導入し、コスト低減や品質向上を図ることで国際競争力を確保。基幹ロケットシリーズとして、幅広い需要に対して確実な打上げ手段を提供するための信頼性向上や射場関連設備の維持・運用などを行っていく。

川崎重工 H-IIAロケット21号機用フェアリング