日本自動車工業会が発表した8月の登録車・軽自動車エコカー減税対象車販売台数は24万6194台となった。

8月の登録車・軽自動車販売台数に占める割合は73.2%となり、7割を上回ったものの、前月よりも1.6ポイントダウンした。

エコカー減税対象車の内訳は自動車取得税・自動車重量税の免税対象車が10万1648台、75%減税が3万2709台、50%減税が11万1837台となった。

また、エコカー補助金対象となっている重量車(3.5t以上)の販売台数は8661台となり、重量車全体の販売に占める割合は77.6%となり、前月を0.5ポイント上回って今年度過去最高となった。

エコカー補助金対象となっている中量車(1.7〜3.5t車)の販売台数は2991台で、中量車販売全体に占める比率は43.1%だった。